広島のDTP・Web制作・データ入力・パソコンサポートのクレアネットです。広告・ホームページ制作、PCトラブルなどお気軽にご相談ください。
株式会社クレアネット
CreaNet's Job Diary
クレアネットのお仕事日記です。
懐かしのSCSI
トラブルで持ち込まれた、知り合いのパソコンの話です。

OSのDLLファイルが壊れて、起動しないというトラブル。幸いにも不足ファイルは画面上に表示されていたので、同一OSの他のパソコンからコピーして応急修理することにしました。

ただし故障パソコンはセーフモードでも起動しない状態なので、まずはHDDを外して別のパソコンに付け替えてバックアップを・・・と、フタを開けてディスクを取り出すと、どうも見慣れないコネクタ形状をしてます。

まてよ・・・起動チェックでSCSI(スカジー)HDDのIDを割付してたぞ・・・げっ、SCSIなんて、わが社にはすでに存在しない過去のインターフェース・・・懐かしさとともに、はて?どうしよう?と途方に暮れてしまいました。

とりあえず行きつけのショップに走って「SCSIボードってありますか?」と尋ねると、店員はしばらく考えて「ありません」と冷たくあっさり。何件か回ったものの、やはり「ありません」との返事。困った・・・少々遠いですが得意先のショップの方に聞くと、USB変換ケーブルなら個人で持っているとのこと。取り急ぎ出向いてお借りして、さて接続・・・あらら形状が違う・・・ここでSCSIは規格が何種類かあったことを思い出し(遅い!)、とりあえず内部のホコリを取り払い、ダメ元でもう1回マザーボードを観察・・・あれま、ちゃんとIDEコネクタがあるじゃないですか。

よくよく見るとこのパソコン、RAMもDDRだし、比較的新しい(とはいっても7・8年前でしょう)パソコンのようです。何でIDEにHDDが繋いでくれないのか、単なるメーカーの意地悪なのか(そんなことはないでしょうが)不思議に思いながら、予備品のIDE-HDDを接続してOSを仮インストール、SCSI関係のドライバを入れたら旧HDDを正常認識しました。ここに不足DLLファイルをコピー。IDE-HDDを外して・・・正常起動!!で、めでたく応急修理完了。

念のためウイルスチェックとマルウェアの駆除を施して、復活とあいなりました。

ユーザーさんによると、かなり大事なデータが入っていたとのこと。RAIDのファイルサーバを新設して保存する方がより安全なことと、DLLファイルの消失原因が分からない以上は、今後も同様のトラブルが発生する可能性があるよと付け加えて、パソコンをお返ししました。

次はPC9801とかが入ってきたらどうしよう・・・
そのときは旧型専門の業者さんを紹介することにします。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<外付HDD考 | 旧型パソコンのパワーアップ?それとも買替え? >>