広島のDTP・Web制作・データ入力・パソコンサポートのクレアネットです。広告・ホームページ制作、PCトラブルなどお気軽にご相談ください。
株式会社クレアネット
CreaNet's Job Diary
クレアネットのお仕事日記です。
ファイルサーバ(NAS)トラブル復旧
以前、NAS(Link Station)を導入いただいた学校様より「繋がらない」との連絡がありました。まずは緊急出動で現場へ直行、確かにディスク損傷のエラーコードを表示して、2番ディスクに赤ランプが点いています。

状況をお聞きすると、前日の落雷で電話装置がダウンし、NASも繋がらなくなったとのこと。校内の引き込み線に直接落ちたようではないので、他の機器は無事でした。さらにこのNASはRAID1(ミラーリング)設定での運用のため、片方のディスクが無事ならデータは問題なく保管されています。NAS導入提案時に強くお勧めしたもので、今回のトラブルでは最悪の事態を回避できたようです。

とりあえず電源を切り、エラーディスクを外して、この日は片肺ですが仮復旧。エラーディスクはチェックして再使用も考えましたが、2次トラブル防止のため新品交換を選択しました。急ぎ同サイズ、同キャッシュのディスクを調達し、数日後にディスクを取り付け、管理画面よりRAID再構築を始めます。

と、ここで「現在のデータは消去されます」とのアラートが。何で?消えるはずがないと思いながら、万一のことを考えてマニュアル類を熟読していると、注記に「Normalモード、RAID1モードでは保存データは消去されません」との一文を発見。うーん、何と分かりにくい説明だ・・・ひとり文句を言いつつ、再構築が無事始まり、ファイルアクセスも正常。これで復旧が完了しました。

ついでにバックアップ用USB外付ディスクの状態もチェックし、正常稼働を確認して業務完了。こちらの学校様は、ミラーリングNAS+外付ディスク(毎日バックアップ)での運用なので、NASが故障しても外付ディスクに前日のデータが残る設定です。一応ここまでの備えがあれば、今回程度のアクシデントであれば全てのデータを喪失することはないと思います。ただ最近は落雷が多いので、直接落ちないことを祈るばかりです。今後回線が速くなれば、今度はクラウドへのバックアップも提案したいところです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ノートPCデータ移設のはずが・・・ | Facebookの活用と注意点(初級編) >>