広島のDTP・Web制作・データ入力・パソコンサポートのクレアネットです。広告・ホームページ制作、PCトラブルなどお気軽にご相談ください。
株式会社クレアネット
CreaNet's Job Diary
クレアネットのお仕事日記です。
HDDトラブル2件
2010040801.jpg

お客さまよりお預かりした動作不良のLANディスクです。電源投入でエラーとなり、電源ランプが点滅して起動しないというものです。
通常ですと、メーカーさんに修理をお願いして、当社ではトラブルシュートしないのですが、お使いの環境が「バックアップのない」「単体HDDのLANディスクを共有ファイルサーバとして使用」という極めて危険な状態であったため、

1.HDD本体が正常であれば、データは当社でサルベージする。
2.RAID1(ミラーリング)機能のあるNAS(ネットワーク接続ストレージ、つまりLANディスク)の導入。
3.同容量のUSBディスクをスケジュールバックアップ用に接続し、NAS本体の故障に備える。

というご提案をし、OKとなったため、故障したLANディスクの分解に踏み切った次第です。

2010040802.jpg

普通のSATAのHDDですが、このLANディスクのフォーマットはLinux仕様のため、急遽私のメインPCのHDDを予備品と付け替えて、Vine Linuxをセットアップ。外したHDDが無事マウントされ正常に回り始めました。SMBを介してファイルを弊社サーバにコピーし、全数救出しました。幸いにも故障はHDD以外のパーツだったようです。

その後、NASのセットアップ(付属CDで簡単にできちゃいます)と、1TBのHDDをUSB接続HDDにし、救出データのコピーとバックアップスケジュールの設定、USB接続HDDのフォーマット(これもLinuxです)を済ませ、無事バックアップできることを確認して納入。約1ヶ月ログを取って監視しましたが、正常に機能しているようで一安心です。

別件ですが、PC内蔵HDDの不具合でOSが起動しないトラブルも、最近相談がありました。こちらの原因は急な停電によるHDDのクラッシュのようで、部分的にファイルフォーマットを破壊して起動不良を引き起こしたようでした。こちらは別のWindows-PCにセカンダリディスクとして接続し、ScanDiskで復旧を試みて、多少のファイル消失はあったものの再起動には成功しました。もちろん早めのディスク交換またはPC更新をお勧めしておきました。

大切なデータの消失は一瞬です。今回の2件は幸いにもHDD本体が正常に動作したため復旧ができましたが、ディスクの損傷が大きいと復旧は難しくなります。RAID1(ミラーリング)機能のあるNAS+USB接続HDDのコストは、安いPC1台分ほどです。データ消失防止のため、導入を強くお勧めします。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<社内PCのSSD化など | 新年ごあいさつ >>