広島のDTP・Web制作・データ入力・パソコンサポートのクレアネットです。広告・ホームページ制作、PCトラブルなどお気軽にご相談ください。
株式会社クレアネット
CreaNet's Job Diary
クレアネットのお仕事日記です。
長期間快適に使えるパソコン選び
買った直後は快適に動いていたパソコンが、数年後には動きが急に遅くなるという経験はありませんか?「データを貯めすぎたから?」とか「いろいろなソフトをインストールしたから?」等々、ユーザ様からご質問を受けることがあります。

Windows(OS)は日々アップデートを繰り返しています。OSアップデートとは、不具合の修正の他に、セキュリティなど問題のある箇所に新しい機能が付加されることも多く、更新されるたびにOSが必要とするパソコンの能力が高くなる傾向にあります。特に「サービスパック」と呼ばれるプログラムを導入した際に、急に動きが遅くなることが多いようです。

よくお客さまから「できるだけ安いパソコンが欲しい」「○○店で安価なパソコンが売られているけどどうだろう?」というご相談をお受けします。その場合弊社では「できるだけ最廉価帯のパソコンは避けた方が良いですよ」とご提案しています。

低価格のパソコンは低価格の部品を使って組み立てられます。当然ですが、価格に比例して部品の性能もアップしていきます。特にCPUと内部メモリ容量は性能差が顕著に現れますので、廉価パソコンは、今は動作速度に不満がなくても、OSアップデートによって近い将来動作が急に遅くなることが危惧されます。短期間で買い換えされる場合を除いて、できるだけ長期間快適な動作を維持するためには、中間価格帯以上のものを購入した方が長い目で見た場合得ですよ、というふうにご説明しています。

32ビット/64ビットの違いについては、32ビットOSでは4GB弱の総量規制がありますので、より大きな内部メモリを使用できる64ビットをお勧めしています。弊社が業務で使用するパソコン(Windows7)の例で申し上げますと、現在は内部メモリ8GBで動作しておりますが、今のところメモリ不足による動作遅延の発生頻度は少ないです。最大16GBまで対応可能な機種を使っていますので、メモリ不足が頻発する場合は増設で対応します。

弊社ではパソコンの購入相談を承っております。ユーザ様の使用形態等をお聞きして、最適なご提案ができるように努めております。ご相談は原則無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<ネットワークエラー時のトラブルシューティング | 当地の土砂災害に当たり >>