広島のDTP・Web制作・データ入力・パソコンサポートのクレアネットです。広告・ホームページ制作、PCトラブルなどお気軽にご相談ください。
株式会社クレアネット
CreaNet's Job Diary
クレアネットのお仕事日記です。
ネットワーク機器の更新
繁忙期が続いたため、しばらく記事更新を怠っていました。

毎年恒例ですが、年末から年度末にかけては新規カタログや出版物の制作が大量に発生します。加えて、年度末が近くなるとパソコンサポートも増えてきます。今季はネットワーク復旧・機器更新作業を立て続けに承りました。

そのうち1件は職場内LANがうまく機能しない(時がある)というもので、現場を見させていただくと、どのケーブルがどこに行って何と繋がっているか理解するのに時間がかかる状態でした。ケーブルをたどっていくと、途中で切断されたものやツメが折れてハブから抜けかかっているもの、ハブが経年劣化で正常に機能していない等々、不具合の原因となりそうな箇所がたくさん出てきます。新しい機器が入るたびにネットワークに接続されていますが、納入業者さんの仕事は納品した機器の動作確認までなので、どんどん追加されていってユーザーさんは何がどうなっているのか分からなくなっているようでもありました。

原因を1つずつ潰すよりも、ハブ・ケーブルを新しく敷き直す方が簡単・確実なことを説明し、基幹ネットワークを1000BASE規格に統一、ツメ折れケーブルの排除で、トラブルは解消し、問題なく動作するようになりました。ついでに無線アクセスポイントを導入して、ノートPCの無線化(300Mbps)も導入し、職場内の移動が楽になったと喜んでいただきました。

弊社の社内LANは開業当初から1000BASEに統一しています。一部機器側が100BASEのものはありますが、デザイン事業部門のある弊社の場合、大きなサイズのデータを扱いますので、ファイルサーバやハブの転送速度で作業効率に大きく差が出ます。パソコンを更新してもネットワーク機器が古いままでは性能を十分に生かし切れない場合もあります。最近はハブやケーブルが比較的安価で入手できます。一度社内LANを見直してみてはいかがでしょうか。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Web上のPDFファイル表示 | 「なりすまし」の被害に遭わないために >>